Japolatino

← Anterior (OVA1 「切る男 parte 1」)| Lista de películas | Siguiente (OVA2 「迷い猫」) →








るろうに 剣心
rurouni kenshin

OVA1

切る男
kiru otoko

(2)

 

 

切る男
kiru otoko

(2)

 

aauuooeeii

 

1864 (元治元) 年
1864 (genjigan)-nen

清里: 遅くなりました、少し急ぎましょう。
kiyosato: osoku narimashita, sukoshi isogimashou.

男: 聞いたぞ、清里。
otoko: kiita zo, kiyosato.

清里: あ?
kiyosato: a?

男: 来月 祝言だそうだなあ。
otoko: raigetsu shuugenda sooda naa.

清里: はあ。
kiyosato: haa.

男: あの幼なじみの器量よしをもらうか 果報者め。
otoko: ano osananajimi no kiryoo yoshi o morau ka kahoomono-me.

清里: どうも でも?櫎荬猡工毪螭扦工琛⑹坤沃肖长螭胜嘶膜螭扦い霑rに 自分だけ……
kiyosato: doomo demo? 櫎  荬猡-koo 毪螭 扦工 琛 ⑹ hitsujisaru 沃肖  长螭 胜嘶 maku 螭扦 i 霑 r ni jibun dake……

男: 何を言うか 世の中がどうあろうと 人一人が幸せになろうとするのか
otoko: nani o iu ka yononaka ga doo arou to hitohitori ga shiawaseninaroo to suru no ka

清里: 来年の春には帰れると思う しばらくの辛抱だ、お互いにな、帰りに鬼灯を買おう。
kiyosato: rainen no haru ni wa kaereru to omou shibaraku no shinbooda, otagai nina, kaeri ni hoozuki o kaou.

剣心: 京都所司代 重倉十兵衛殿とお見受けする、これより 天誅をくわえる。
ken kokoro: kyooto shoshidai shigekura juubee-dono to o miuke suru, kore yori tenchuu o kuwaeru.

清里: 刺客か!
kiyosato: shikaku ka!

男1: たかが剣の振りで 世が動くと思うのか。
otoko 1: takaga ken no furi de yo ga ugoku to omou no ka.

男2: 名?\れ!名?\らんか!
otoko 2: na? \ re! na? \ ran ka!

男: いかん、お前は今死んではいかん。
otoko: ikan, omae wa ima shinde wa ikan.

清里: 重倉さん……死ねない、死にたくない。
kiyosato: juu kura-san…… shinenai, shinitakunai.

剣心: あきらめろ。
ken kokoro: akiramero.

清里: そういかん!死ねない 今 死ぬわけにはいかない、死にかくない、&247;死んでたまるか、死なん 絶?に!死 死にたくない 今は まだ……死にたくない と……も……
kiyosato: soo ikan! shinenai ima shinu wake ni wa ikanai, shini kaku nai, ÷ shinde tamaru ka, shina n ze~tsu? ni! shi shinitakunai ima wa mada…… shinitakunai to…… mo……

飯塚: 緋村 やられたのか。
iidzuka: hi mura yara reta no ka.

剣心: 大事ありません。
ken kokoro: daiji arimasen.

飯塚: 緋村に傷を負わせる奴がいたとは この男かなりの腕か。
iidzuka: hi mura ni kizu o owa seru yakko ga i tato wa kono otoko kanari no ude ka.

剣心: いえ、執念。
ken kokoro: ie, shuunen.

飯塚: え?
iidzuka: e?

剣心: 飯塚さん、後の始末 よろしくお願いします。
ken kokoro: iidzuka-san,-go no shimatsu yoroshikuonegaishimasu.

飯塚: お……おい ん?
iidzuka: o…… oi n?

剣心: 飛天御剣流の理に曰く御剣の剣 即ち人の世の為に振るう剣たるべし、弱き人々を守る為に。
ken kokoro: hitenmitsurugiryuu no ri ni iwaku mitsurugi no ken sunawachi hito no yo no tame ni furuu kentarubeshi, yowaki hitobito o mamoru tame ni.

飯塚: 久しぶりだな。
iidzuka: hisashiburida na.

桂小五郎:ほう お前に太刀を浴びせた者がいるか。
katsura kogoroo: hoo omae ni tachi o abiseta mono ga iru ka.

剣心: 不覚をとりました。
ken kokoro: fukaku o torimashita.

桂小五郎: 飯塚 相手は?
katsura kogoroo: iidzuka aite wa?

飯塚: 京都所司代 重倉十兵衛
iidzuka: kyooto shoshidai shigekura juubee

桂小五郎: ふむ。
katsura kogoroo: fumu.

剣心: 何か。
ken kokoro: nani ka.

桂小五郎: 実は今夜 内内の集まりがあってな、稔磨や宮部さんも出席する、今後の我が藩の方針を決定する大事な席だ。
katsura kogoroo: jitsuwa kon'ya-nai-nai no atsumari ga a~tsu tena, minoru migaku ya miyabe-san mo shusseki suru, kongo no waga han no hooshin o kettei suru daijina sekida.

剣心: 御衛ですか。
ken kokoro: gyoeidesu ka.

桂小五郎: いや、その席にお前も出てみたら どうかと思ってな。
katsura kogoroo: iya, sono seki ni omae mo dete mitara doo ka to omo~tsu te na.

飯塚: おう、すげえじゃねえか。
iidzuka: oo, suge e janee ka.

剣心: お断りします、自分は"人斬り" それ以外に 役に立てる術を持ちません、他に用がなければ これで。
ken kokoro: okotowarishimasu, jibun wa "hitokiri" soreigai ni yakunitateru jutsu o mochimasen, hoka ni yoo ga nakereba kore de.

男: おい ちょと!
otoko: oi cho to!

飯塚: 失礼します。
iidzuka: shitsureishimasu.

男: 何だ あの態度は、せっかく桂さんが気にかけて下さってるというのに。
otoko: nanida ano taido wa, sekkaku katsura-san ga ki ni kakete kudasa~tsu teru to iu no ni.

桂小五郎: 奇兵隊?
katsura kogoroo: ki heitai?

高杉: おうよ こいつは とんでもねえ鉄砲玉になる 必ずな。こいつらはやるぜ 時に途方もない力を出す 最後に幕府を?ⅳ工韦?こいつらよ。
takasugi: oo yo koitsu wa tondemonee teppoodama ni naru kanarazu na. koitsu-ra wa yaru ze toki ni tohoomonai-ryoku o dasu saigo ni bakufu o? ⅳ koo 韦 ? koitsu-ra yo.

桂小五郎:腑抜け侍どもよりは ましだが 大丈夫ですか。
katsura kogoroo: funuke samuraido moyori wa mashidaga daijoobudesu ka.

高杉: ん、お前は気が小さくていけねえ。
takasugi: n, omae wa ki ga chiisakute ike nee.

男: 次!
otoko: ji!

桂小五郎: あんな子供までいるのか。
katsura kogoroo: an'na kodomo made iru no ka.

高杉: 奇兵の"奇"は 奇抜の"奇"ってな……どうだ いい塩梅だろう。
takasugi: ki-hei no "ki" wa kibatsu no "ki" ttena…… dooda ii anbaidarou.

桂小五郎: 高杉。
katsura kogoroo: takasugi.

高杉: 何だよ、鳩みたいに 眼を丸くじゃがって。
takasugi: nanida yo, hato mitai ni me o maruku ja gatte.

桂小五郎: あの少年。
katsura kogoroo: ano shoonen.

高杉: ん?
takasugi: n?

桂小五郎: 京に欲しい。
katsura kogoroo: kyoo ni hoshii.

比古清十郎: 山を降りる事は許さん。
hikoseijuuroo: yama o oriru koto wa yurusan.

剣心: 師匠、こうしている間にも大勢の人が動乱に巻き込まれて、死んでいるんですよ、今こそ この力を 御剣流を人々を守る為に使う時でしょう。
ken kokoro: shishoo, kooshite iru ma ni mo taisei no hito ga dooran ni makikoma rete, shinde iru ndesu yo, ima koso kono chikara o mitsurugi-ryuu o hitobito o mamoru tame ni tsukau tokideshou.

比古清十郎: この馬鹿弟子が!その動乱の世にお前が一人で出ていってどうする?この乱世を変えたくば いずれかの体制にくみするしか策はない、だが それは即ち 権利に利用されるという事だ、俺はそんな事の為に お前に 御剣流を教えたわけではない お前は外の事など気にせず 修行に励めばいい。
hikoseijuuroo: kono baka deshi ga! sono dooran no yo ni omaega hitori de dete itte doo suru? kono ranse o kaetakuba izureka no taisei ni kumisuru shika saku wanai,daga sore wa sunawachi kenri ni riyoo sa reru to iu kotoda, ore wa son'na koto no tame ni omaeni mitsurugi-ryuu o oshieta wakede wanai omaeha-gai no koto nado ki ni sezu shugyoo ni hagemeba ii.

剣心: 目の前の人々が苦しんでいる 多くの人が悲しんでいる それを放っておくなど 俺にはできない。
ken kokoro: me no mae no hitobito ga kurushinde iru ooku no hito ga kanashinde iru sore o hanatte oku nado oreniha dekinai.

比古清十郎: 飛天御剣流は
hikoseijuuroo: hitenmitsurugiryuu wa

剣心: だから その力を 今こそ使うべきでしょう、時代の苦難から人々を守る為に それが御剣流の。
ken kokoro: dakara sono chikara o ima koso tsukaubekideshou, jidai no kunan kara hitobito o mamoru tame ni sore ga mitsurugi-ryuu no.

比古清十郎: 剣は凶器!剣術は殺人術!どんなきれい事やお題目を口にしても それが真実、人を守る為に 人を斬る 人を生かす為に 人を殺す、それが剣術の真の理、俺はお前を助けた時のように 何百人もの?櫟长驍丐隁ⅳ筏皮俊ⅳ?奴らもまだ人間、この荒んだ時代の中で 精一杯生きようとしていたにすぎん この山を一歩出れば 待っているのは各々の相容れない正義に突き動力された 飽く事のない殺し合いのみ、それに身を投じれば 御剣流はお前を 大量殺人者にしてしまうだろう。
hikoseijuuroo: ken wa kyooki! kenjutsu wa satsujin-jutsu! don'na kireigoto ya odaimoku o kuchi ni shite mo sore ga shinjitsu, hito o mamoru tame ni hito o kiru hito o ikasu tame ni hito o korosu, sore ga kenjutsu no shin no ri, ore wa omae o tasuketa toki no yoo ni nani hyaku-ri mono? ichii 长驍 丐隁 ⅳ ikada kawa  toshi ⅳ? yatsura mo mada ningen, kono susanda jidai no naka de seiippai ikiyou to shite ita ni sugin kono yama o ippo dereba matte iru no wa onoono no aiirenai seigi ni tsuki dooryoku sa reta aku koto no nai koroshiai nomi, soreni mi o toojireba mitsurugi-ryuu wa omae o tairyoo satsujin-sha ni shite shimaudarou.

剣心: それでも 俺はこの力で 苦しんでいる人々を 救いたいんです。一人でも多くの人を 多くの命を この手で守りたい その為に。師匠!
ken kokoro: soredemo ore wa kono chikara de kurushinde iru hitobito o sukuitai ndesu. hitori demo ooku no hito o ooku no inochi o kono-te de mamoritai sono tame ni. shishoo!

比古清十郎: お前のような馬鹿はもう知らん どこへでもさっさと行ってしまえ。
hikoseijuuroo: omae no yoona baka wa moo shiran doko e demo sassato itte shimae.

剣心: ありがとうございました。
ken kokoro: arigatoogozaimashita.

比古清十郎: 俺の馬鹿弟子は馬鹿なりに自分の生き方を選んだという事だな、純粋なるが故に これもまた 避けては通れぬ道。
hikoseijuuroo: ore no baka deshi wa baka nari ni jibun no ikikata o eranda to iu kotoda na, junsui narugayueni kore mo mata sakete wa toorenu michi.

飯塚: 血が……出てるぜ。
iidzuka: chi ga…… de teru ze.

女1: 今日は ほんに温いお日さんで。
on'na 1: kyoo wa hon'ni nukui ohisan de.

女2: ほんになあ つい こないだ雪やったけどなあ。
on'na 2: hon'ni naa tsui konaida yuki yattakedo naa.

斎藤: ん?
saitoo: n?

衝田: 斎藤さん どうしました?
衝田 : saitoo-san-dooshimashita?

斎藤: 血の臭いを嗅いだような気がした。
saitoo: chinonioi o kaida yoona ki ga shita.

衝田: いやだなあ 斎藤さん 最近よっと斬り過ぎなんじゃないですか。
衝田 : iyada naa saitoo-san saikin yo tto kiri sugina n janaidesu ka.

斎藤: 冲田君。
saitoo: okita-kun.

衝田: はい?
衝田 : hai?

斎藤: 言葉というのは よく咀嚼し 吟味してから口にのせるようにな。
saitoo: kotoba to iu no wa yoku soshaku shi ginmi shite kara kuchi ni noseru yoo ni na.

衝田: はい はい。
衝田 : hai hai.

飯塚: 偉そうに 通りの真ん中で行きやがって……今夜頼むぞ、ん?いい匂いがするな。
iidzuka: era-soo ni toori no man'naka de iki ya gatte…… kon'ya tanomu zo, n? ii nioi ga suru na.

剣心: 白梅香。
ken kokoro: hakubaikoo.

飯塚: 何だ 意に色っぼい匂いも知ってるんだな、あの女か いい女だなあ……じゃ 後でな。
iidzuka: nanda i ni iro ~tsu bo i nioi mo shi~tsu teru nda na, ano on'na ka ii on'nada naa…… ja atode na.

女: いややわ さっき通りで 壬生の狼連中に出くわして、恐しくて 道開けてしまいましたわ 噂じゃ志士さん達を 問答無用でばっさばさと おう恐い。
on'na: iyaya wa sakki toori de mibu no ookami renchuu ni dekuwashite, kowashi kute michi akete shimaimashita wa uwasa ja shishi-san-tachi o mondoo muyoo de ba~tsu-saba sa to oo kowai.

比古清十郎: 春は夜桜 夏には星 秋に満月 冬には雪、それで充分酒は美味い、それでも不味いんなら それは自分自身の何かが病んでいる証だ、お前もいつか酒の味がわかるようになる、その時は美味い酒を酌み交わそう。
hikoseijuuroo: haru wa yozakura natsu ni wa hoshi aki ni mangetsu fuyu ni wa yuki, sorede juubun sake wa umai, soredemo mazui n'nara sore wa jibunjishin'no nanika ga yande iru akashida, omae mo itsuka sake no aji ga wakaru yoo ni naru, sonotoki wa umai sake o kumikawasou.

男1: あの女はやめとき。
otoko 1: ano on'na wa yame toki.

男2: せやけどな 忘れられへんや。
otoko 2: seyakedo na wasure rarehen ya.

飯塚: 最近 特に凄いな お前。
iidzuka: saikin tokuni sugoi na omae.

剣心: 何かです。
ken kokoro: nanikadesu.

飯塚: 相手に悲鳴を上げる暇を与えない……おい まただ……こんな迷信を聞いた事がある、?姢ず蓼撙颏长幛椁欷?刀傷 というのは その念が晴れない限り決して消える事はないと。
iidzuka: aite ni himeiwoageru hima o ataenai…… oi ma tada…… kon'na meishin o kiita koto ga aru,? 姢zu tade 撙颏 长幛 椁欷 ? tooshoo to iu no wa sono nen ga harenai kagiri kesshite kieru koto wa nai to.

剣心: 限みのこもった刀傷。
ken kokoro: kiri mino komotta tooshoo.

飯塚: そうだ 消えないそうだぜ ずっと。
iidzuka: sooda kienai sooda ze zutto.

剣心: お姉ちゃん。
ken kokoro: o neechan.

飯塚: まだ 洗ってんのか そういえば こないだの会合 大変だったらしいぜ。
iidzuka: mada ara~tsu ten no ka soo ieba konaida no kaigoo taihendattarashii ze.

剣心: どうしたんです。
ken kokoro: doo shita ndesu.

飯塚: いやな、宮部さんと桂さんがやり合ったって話だ、どうも宮部さん達は この京でどえらい事をやらかすつもりらしい。
iidzuka: iyana, miyabe-san to katsura-san ga yariattatte hanashida, doomo miyabe-san-tachi wa kono kyoo de do erai koto o yarakasu tsumorirashii.

剣心: 桂さんは?
ken kokoro: katsura-san wa?

飯塚: 今はまだその時ではないってな、同席していた奴の話じゃ 宮部さんに斬りつけそうな勢いだったってな。
iidzuka: ima wa mada sonotokide wanai ttena, dooseki shite ita yatsu no hanashi ja miyabe-san ni kiri tsuke-soona ikioidattatte na.

剣心:稳やかじゃありませんね。
ken kokoro: 稳ya ka jaarimasen ne.

飯塚: まったくなあ。
iidzuka: mattaku naa.

桂小五郎: 単刀直入に言おう 君は人を斬れるか きれい事言うつもりはない これは人殺しだ、だが 新たな世を作るには 古き物を打ち壊さねばならない、嫌な役回りだが 誰かがこれをやらねばならん、お前は自分の力を"人々を守る為に使いたい"と言った ならば その力 俺に貸して欲しい、新時代の為 君は人を斬れるか。
katsura kogoroo: tantoochokunyuu ni iou kimi wa hito o kireru ka kireigoto iu tsumori wanai kore wa hitogoroshida,daga aratana yo o tsukuru ni wa furuki mono o uchikowasaneba naranai, iyana yakumawaridaga darekaga kore o yaraneba naran, omae wa jibun no chikara o "hitobito o mamoru tame ni tsukaitai" to ittanaraba sono chikara ore ni kashite hoshii, shin jidai no tame kimi wa hito o kireru ka.

飯塚: おい お前。
iidzuka: oi omae.

剣心: え…と……
ken kokoro: e… to……

飯塚: 検分役の飯塚だ この仕事 初めてなんだろ 気をしっかり持てよ たまり正気を失ったり 物が食えなくなって倒れる奴がいるからな。
iidzuka: kenbun-yaku no iidzukada kono shigoto hajimetena ndaro ki o shikkari mote yo tamari shooki o ushina~tsu tari mono ga kuenaku natte taoreru yakko ga irukara na.

剣心: 大丈夫です 思ってたより平気でした。
ken kokoro: daijoobudesu omo~tsu teta yori heikideshita.

飯塚: なら桔構 この仕事は 迅速 正確 確実がモット一でな 長居は無用 さっさとずらかるぜ。
iidzuka:nara 桔構 kono shigoto wa jinsoku seikaku kakujitsu ga motto ichi dena nagaihamuyoo sassato zurakaru ze.

剣心: 自分の污れた血刀と 犠牲になった命の向こう 誰もが安心して幕らせる "新時代"があるんだったら 俺は……天に代わって……人を斬る。
ken kokoro: jibun no 污 reta chigatana to gisei ni natta inochi no mukoo daremoga anshin shite maku-ra seru "shin jidai" ga aru ndattara ore wa…… ten nikawatte…… hito o kiru.

高杉: どうだ あの小僧。
takasugi: dooda ano kozoo.

桂小五郎: 申し分ない。
katsura kogoroo: mooshiwakenai.

高杉: 正直ごった煮の奇兵隊にとっちゃあ 虎の子だが お前の頼みならくれてやる だが 一つ条件がある。
takasugi: shoojiki gottani no ki heitai ni totchaa toranokodaga omae no tanominara kurete yarudaga hitotsu jooken ga aru.

桂小五郎: 何だ?
katsura kogoroo: nanda?

高杉: あの小僧の人生を台無しにするからには お前自身はきれいな身を貫くんだ 今後一切 決して 自分の刀を抜くんじゃねえぞ。
takasugi: ano kozoo no jinsei o dainashi ni surukaraniwa omae jishin wa kireina mi o tsuranuku nda kongo issai kesshite jibun no katana o nuku n janee zo.

桂小五郎: 今の自分は 長州藩維新志士筆頭だ、元より その気はない。
katsura kogoroo: ima no jibun wa chooshuu-han ishin shishi hittooda,-moto yori sonoke wanai.

高杉: 本当だな。
takasugi: hontooda na.

桂小五郎: 約束しよう 今日が剣客桂小五郎の命日だ。
katsura kogoroo: yakusoku shiyou kyoo ga kenkaku katsura kogoroo no meinichida.

高杉: それでこそ お前は幕末祭りの長州の御輿となれるってもんだ 雅楽は俺に任せろ。
takasugi: sorede koso omae wa bakumatsu matsuri no chooshuu no mikoshi to nareru tte monda gagaku wa orenimakasero.

桂小五郎: 頼む。
katsura kogoroo: tanomu.

桂小五郎: "身はたとひ 武藏の野辺に 朽ぬとも 留置まし大和魂"幕府は先生を圧殺した だが その尊き 理想は今も生きている 狂!敢えて狂う事も 厭わぬほどに極めた正義 それが今の長州派の……いや この俺の原動力だ!
katsura kogoroo: "mi wata to hi musashi no nobe ni 朽nutomo tomeokimashi yamatodamashii" bakufu wa sensei o assatsu shitadaga sono tootoki risoo wa ima mo ikite iru kyoo! aete kuruu koto mo itowanu hodo ni kiwameta seigi sore ga ima no chooshuu-ha no…… iya kono ore no gendooryokuda!

高杉: 行って来い こいつは?櫎い瑜δ摔悉筏胜い怠
takasugi: okonatte koi koitsu wa? 櫎 i 瑜 d 摔悉 ikada 胜 i daru 

飯塚: さすが 人斬り抜刀斎 あれだけ殺って返り血ひとつ浴びてねえとはねえ、帰りに酒でも飲んでかねか。
iidzuka: sasuga hitokiri battoo toki are dake yatte kaeri chi hitotsu abi tenee to hane e, kaeri ni sake demo nonde kane ka.

剣心: いや 俺は。
ken kokoro: iya ore wa.

飯塚:そうか じゃ一人で 寂しく飲むとすっか、じゃあな。
iidzuka: soo ka ja hitori de sabishiku nomu to su~tsu ka, jaa na.

桂小五郎: あれから一年 容姿が大人びたせいもあるが あいつの様子は変わった、だが 心の中は全く 以前のまま汚れ一つない。
katsura kogoroo: are kara ichi-nen yooshi ga otonabita sei moaruga aitsu no yoosu wa kawatta,daga kokoronouchi wa mattaku izen no mama yogore hitotsu nai.

男: では 安心ですね。
otoko:de wa anshindesu ne.

桂小五郎: いや ないままだからこそ 今の自分にひどい落差を感じ始めている "人斬り"としての自分に。
katsura kogoroo: iya nai mamadakara koso ima no jibun ni hidoi rakusa o kanji hajimete iru "hitokiri" to shite no jibun ni.

剣心: 新選組か いや 俺と同様の影の刺客。
ken kokoro: shinsengu ka iya ore to dooyoo no kage no shikaku.

男: 今夜 私はこれで。
otoko: kon'ya watashi wa kore de.

桂小五郎: ご苦労。
katsura kogoroo: gokuroo.

男: 宮部さん達 もう少し 押しとどめておきますので。
otoko: miyabe-san-tachi moosukoshi oshi todomete okimasunode.

桂小五郎: 頼む それと新選組に気をつけろと念を押しておけ。
katsura kogoroo: tanomu sore to shinsengu ni kiwotsukero to nen o oshite oke.

男: はっ。
otoko: ha~tsu.

女: 今夜はもう?お代わり頼みましょうか。
on'na: kon'ya wa moo? o kawari tanomimashou ka.

桂小五郎: いや いい どうも酒が不味い。
katsura kogoroo: iya ii doomo sake ga mazui.

女: どないしはりましたの。
on'na:do naishi harimashita no.

桂小五郎: もっての外だ 京に火を放つなど。
katsura kogoroo: mottenohokada kyoo ni hi o hanatsu nado.

雪代巴: あなたは……本当に降らせるのですね、血の……雨を。
yukishirotomoe: anata wa…… hontooni furaseru nodesu ne, chi no…… ame o.

蒼き魂の花は散り 紅い血潮の実が熟す
aoki tamashii no hana wa chiri akai chishio no mi ga jukusu

淡い溜め息 襖の蔭
awai tameiki fusuma no kage

重ねられた手の記憶 それは幻…
kasane rareta te no kioku sore wa maboroshi…

(转自动漫花园)

 

 

 

***

 

 

 

← Anterior (OVA1 「切る男 parte 1」)| Lista de películas | Siguiente (OVA2 「迷い猫」) →

 

 

 

 

Creative Commons License
Esta obra está bajo una licencia de Creative Commons.
Copyright © 2007-2013 Helena Rivero
Si te apetece puedes avisarme cuando encuentres algún error en la página.