Japolatino

← Anterior (OVA 3 「宵里山」) | Lista de películas








るろうに 剣心

OVA 4

十字傷
juuji shou
La herida con forma de cruz*

 

 

十字傷
juuji shou
La herida con forma de cruz*

 

 

内通者が割れたぜ
naitsuu-sha ga wareta ze

巴だ
tomoeda

向こうの山のお堂に仲間がいる 巴は多分 そこに
mukoonoyama no o-doo ni nakama ga iru tomoe wa tabun soko ni

始末しろ
shimatsu shiro

はぁ はぁ…
ha~a ha~a…

はぁ… 姉ちゃん
ha~a… neechan

ふ―っ
fu ― ~tsu

さてと…
sateto…

長居は無用 さっさと ずらかるか 
nagaihamuyoo sassato zurakaru ka

ふ… じゃあな 緋村
fu… jaana hi-mura

はぁ はぁ…
ha~a ha~a…

いつまで こうして いられるのでしょう 
itsu made kooshite i rareru nodeshou

何故 縁を巻き込んだのですか
naze en o makikonda nodesu ka

京で姉の事を聞き回っていた あの坊主を 上の者が連れて来た
kyoo de ane no koto o kiki mawatte ita ano boozu o ue no mono ga tsurete kita

つまり お前と 全く同じ経緯という事だ
tsumari omae to mattaku onaji ikisatsu to iu kotoda

他の人達は?
hoka no hitotachi wa?

山に散った 奴を待っている
yama ni chitta yakko o matte iru

私の知らせを聞かずに?
watashi no shirase o kikazu ni?

知らせ?
shirase?

ああ 人斬り抜刀斎の弱点だったな もう良いのだ
aa hitokiri battoo toki no jakutendatta na moo yoi noda

それでは 私は何の為に… はっ!
soredewa watashi wa nani no tame ni… ha~tsu!

そうだ たとえ どれほど冷徹な人斬りといえどー
-sooda tatoe dorehodo reitetsuna hitokiri to iedo ̄

情の通わぬ男はおらん
joo no kayowanu otoko wa o ran

今の あやつの最大の弱点はお前自身なのだ
ima no a yatsu no saidai no jakuten wa omae jishin'na noda

あやつは ここに向かっている 勿論 お前に会う為にな
a yatsu wa koko ni mukatte iru mochiron omae ni au tame nina

だが 自分の好いた女が 間者だと知り 心は千々に乱れておろう
daga jibun no suita on'na ga kanjada to shiri kokoro wa chiji ni midarete orou

今のあやつは 本来の力を出す事はできぬだろうよ
ima no a yatsu wa honrai no chikara o dasu koto wa dekinudarou yo

これこそ 我らの真の目的 分かったかね
kore koso warera no shin no mokuteki wakatta ka ne

最初からそのつもりで… 私を
saisho kara sono tsumori de… watashi o

だったら… どうするね
dattara… do usu ru ne

ううっ!
uu ~tsu!

うう… うっ
uu… u~tsu

うっ!
u~tsu!

はっ!
ha~tsu!

惚れたのか 女子とは 難儀なものよ
horeta no ka joshi to wa nangina mono yo

が それも無理からぬ事 人の情とは移ろい易いものだ
ga sore mo murikaranu koto hito no joo to wa utsuroi yasui monoda

それが強く激しいほど 自分ではままならぬ
sore ga tsuyoku hageshii hodo jibunde wa mama naranu

憎む事と惚れる事 その差は紙一重ほどもないのかも知れんなあ
nikumu koto to horeru koto sono sa wa kamihitoe hodo mo nai no kamo shiren naa

それが 人の業というものだ
sore ga hito no goo to iu monoda

いかな秀でた人斬りといえども 女子の業の前では 赤子も同然
ikana hiideta hitokiri to iedomo joshi no goo no maede wa akago mo doozen

最初から そこまで…
saisho kara soko made…

ん?
n?

はうっ…
wa u~tsu…

無茶をするな
mucha o suru na

あ…う…
a… u…

舌を噛み切るには 相当の力と覚悟がいる それに―
shita o kami kiru ni wa sootoo no chikara to kakugo ga iru sore ni ―

お前が死んで どうなるものでもない
omae ga shinde doo naru monode mo nai

あっ…
a~tsu…

死にたくば 好きにするがよい
shinitakuba suki ni suruga yoi

だが 事の初めを 忘れたわけではあるまい
daga koto no hajime o wasureta wakede waarumai

何故 死なねばならなかったのだ 清里は…
naze shinaneba naranakatta noda kiyosato wa…

はぁ はぁ…
ha~a ha~a…

お前にとって 清里とは 何だったのだ?
omae ni totte kiyosato to wa nanidatta noda?

かけがえのないものではなかったのか?
kakegae no nai monode wa nakatta no ka?

少なくとも清里にとって お前はかけがえのないものであったろう
sukunakutomo kiyosato ni totte omae wa kakegae no nai monodeattarou

でなければ 腕に自信もなしに 動乱の京になど来はすまい
denakereba ude ni jishin mo nashi ni dooran no kyoo ni nado ki wa sumai

自分の命をかけてまでも お前を幸せにしたかったのだろう
jibun no inochi o kakete made mo omae o shiawaseni shitakatta nodarou

だったら そばに… すぐ そばに居てくれるだけで
dattara soba ni… sugu soba ni ite kureru dake de

私は それだけで…
watashi wa sore dake de…

それが 男の業なのだよ
sore ga otoko no goona noda yo

女を幸せにする為に 家を 村を―
on'na o shiawaseni suru tame ni ie o mura o ―

そして この徳川の世を保持せねばならぬ
soshite kono tokugawa no yo o hoji se neba naranu

世の平安なくして 個々の幸せなど得られようはずもない
yo no heian naku shite koko no shiawase nado e rareyou hazu mo nai

この徳川の世に害を成す者あらば たとえ どれほど小さき芽であっても―
kono tokugawa no yo ni gai o nasu monoaraba tatoe dorehodo chiisaki medeatte mo ―

あらゆる手を講じて これを摘む
arayuru te o koojite kore o tsumu

その用心深さこそが 徳川 三百年の泰平の理由
sono yoojinbuka-sa koso ga tokugawa san hyaku-nen no taihei no riyuu

我らが それを支えてきたのだ
warera ga sore o sasaete kita noda

そして それは我らの業そのもの
soshite sore wa warera no goo sonomono

我らも守っているのだよ 人々の幸せを… 命懸けでな
warera mo mamotte iru noda yo hitobito no shiawase o… inochigake dena

分かるか 我らは皆 業深き者の集まりなのだ
wakaru ka warera wa mina-gyoo fukaki mono no atsumarina noda

はぁ…
ha~a…

その宿業の中で生き そして 死んでゆく
sono shukugoo no naka de iki soshite shinde yuku

これが 人というものの定めなのだ
korega hito to iu mono no sadamena noda

うっ!
u~tsu!

うあっ
u a~tsu

我らは 徳川の為 この世を守る為に 奴を倒す
warera wa tokugawa no tame konoyo o mamoru tame ni yatsu o taosu

お前が奴を好いたのも 全ては業の成せる技
omae ga yatsu o suita no mo subete wa goo no naseru waza

過ちを犯さぬ人など おりはせぬ
ayamachi o okasanu hito nado ori wa senu

清里を思い出せ かけがえのない男 清里を…
kiyosato o omoidase kakegae no nai otoko kiyosato o…

はぁ はぁ…
ha~a ha~a…

と…も
to… mo

と…も…え
to… mo… e

と…も…
to… mo…

半年かけて なお 更なる犠牲を必要とするか
hantoshi kaketena o saranaru gisei o hitsuyoo to suru ka

だが それも承知の上の事 奴はこのわしが必ず仕留める
daga sore mo shoochi no ue no koto yatsu wa kono washi ga kanarazu shitomeru

それこそが清里を そして幕府の為に 散って行った多くの部下達の死を―
sore koso ga kiyosato o soshite bakufu no tame ni chitte itta ooku no buka-tachi no shi o ―

無駄死にとしない為の唯一の方法
mudajini to shinai tame no yuiitsu no hoohoo

そして お前はそれを その目で見届けるがいい
soshite omae wa sore o sono-me de mitodokeruga ii

それが お前の幸せを 守ろうとして死んだ清里への―
sore ga omae no shiawase o mamorou to shite shinda kiyosato e no ―

せめてもの弔いとなろう
semete mo no tomurai to narou

清里…様
kiyosato…-sama

はぁ はぁ…
ha~a ha~a…

うう…
uu…

うっ
u~tsu

はぁ はぁ…
ha~a ha~a…

女将さん 部屋を頼みます
okami-san heya o tanomimasu

長州藩は忙しおすなあ 人斬りの後は女子しですか
chooshuu-han wa isogashi osu naa hitokiri no nochi wa joshi shidesu ka

何も… 別に 俺の女というわけじゃありませんし
nani mo… betsuni ore no on'na to iu wake jaarimasenshi

誰も そう思ってないぜ 一度は助けた女だろうが
dare mo soo omo~tsu tenai ze ichido wa tasuketa on'nadarouga

桂さん ご無事で!
katsura-san go bujide!

いっそ死んでいればと思うよ これで 俺は全てを失った
isso shinde ireba to omou yo kore de ore wa subete o ushinatta

はぁ はぁ…
ha~a ha~a…

はぁ はぁ…
ha~a ha~a…

行くか 大津へ
iku ka ootsu e

行くか 大津へ
iku ka ootsu e

行くか 大津へ
iku ka ootsu e

大津へ…
ootsu e…

行くか!
iku ka!

大津へ…
ootsu e…

あっ
a~tsu

はっ!
ha~tsu!

はあ…
wa a…

その姿 ここまで辿り着くのが 精一杯といった所か
sono sugata koko made tadori tsuku no ga seiippai to itta tokoro ka

抜刀斎といえど 守るものなき戦いは 過酷なものという事だ
battoo toki to iedo mamoru mono naki tatakai wa kakokuna mono to iu kotoda

そもそも お前には守るべきものなど 最初からなかったんだ
somosomo omaeni wa mamorubekimono nado saisho kara nakatta nda

我らとは違ってな
warera to wa chiga~tsu tena

幕府の命により 闇乃武の長として これより決着を付ける
bakufu no inochi ni yori yaminobu no choo to shite kore yori ketchaku o tsukeru

同時に 我が配下の無念を晴らす
doojini waga haika no munenwoharasu

それが このわしにできる唯一の償い
sore ga kono washi ni dekiru yuiitsu no tsugunai

奴らを守れなんだ このわしのな!
yatsura o mamorena nda kono washi no na!

はっ!
ha~tsu!

うっ
u~tsu

ううっ
uu ~tsu

はあっ
wa a~tsu

ううっ!
uu ~tsu!

ううっ…
uu ~tsu…

うあぁ
u a~a

はっ!
ha~tsu!

俺は 弱き者の幸せを守る為に 人を斬ってきた
ore wa yowaki-sha no shiawase o mamoru tame ni hito o kitte kita

でも… 君はその為に 幸せを失ったんだ
demo… kimi wa sono tame ni shiawase o ushinatta nda

俺は君の大切なものを奪ってしまった
ore wa kimi no taisetsunamono o ubatte shimatta

それを知らずに…
sore o shirazu ni…

俺は君を…
ore wa kimi o…

俺には 君を守る資格などなかった
oreniha kimi o mamoru shikaku nado nakatta

それでも 俺は…
soredemo ore wa…

君を…
kimi o…

ええ それに思っていたより よく売れてしまって…
ee sore ni omotte ita yori yoku urete shimatte…

いえ あんまり美味しそうに食べるものだから…
ie anmari oishi-soo ni taberu monodakara…

でも 何だか 気が抜けたようで…
demo nandaka ki ga nuketa yoo de…

夕方 秋茜を見ました
yuugata aki akane o mimashita

巴…
tomoe…

俺は君を ま…もる
ore wa kimi o ma… moru

分からぬな 女子というもの…
wakaranu na joshi to iu mono…

巴!
tomoe!

はぁ… はっ
ha~a… ha~tsu

と… 巴
to… tomoe

はっ!
ha~tsu!

うっ…
u~tsu…

うっ!
u~tsu!

ごめん…なさい あなた…
gomen… nasai anata…

はっ!
ha~tsu!

姉ちゃん…
neechan…

巴…
tomoe…

君を失って やっと君の 苦しみが分かったような気がするよ
kimi o ushinatte yatto kimi no kurushimi ga wakatta yoona ki ga suru yo

君はこんな思いに ずっと耐えていたんだね
kimi wa kon'na omoi ni zutto taete ita nda ne

辛かっただろう 憎かっただろう
tsurakattadarou nikukattadarou

だのに 君は 俺を守ってくれた
danoni kimi wa ore o mamotte kureta

こんな俺を 生かしてくれた
kon'na ore o ikashite kureta

でも 君はもう辛い思いをしなくてもいいんだよね
demo kimi wa moo tsurai omoi o shinakute mo ii nda yo ne

苦しまなくていいんだよね
kurushimanakute ii nda yo ne

俺は この苦しみを 背負ったまま 生きて―
ore wa kono kurushimi o shotta mama ikite ―

償いの道を 探さなければならないんだ
tsugunai no michi o sagasanakereba naranai nda

俺を守って 死んでいった人と 俺が殺めた人々の命に報いる為に…
ore o mamotte shinde itta hito to ore ga ayameta hitobito no inochi ni mukuiru tame ni…

辛いけど 多分大丈夫だと思う 今までもそうだったし
tsuraikedo tabun daijoobuda to omou ima made mo soodattashi

君が教えてくれた 人の温もりの暖かさを憶えていられるのなら…
-kun ga oshiete kureta hito no nukumori no atataka-sa o oboete i rareru nonara…

多分 俺は…
tabun ore wa…

君とは お別れしなきゃならないけど
-kun to wa o wakare shinakya naranaikedo

今は… 今だけは
ima wa… imadake wa

このまま 二人一緒に…
konomama futari issho ni…


tomoe

舟が出るぞ―
fune ga deru zo ―

さてと ばれねえうちに―
sateto barenee uchi ni ―

さっさと ふけますか
sassato fukemasu ka

ん?
n?

ちっ! 今度は 俺が検分される番なのかよ
chi~tsu! kondo wa ore ga kenbun sa reru ban'na no ka yo

だが "浮き世の事は所詮博打"ってね…
daga "ukiyo no koto wa shosen bakuchi" tte ne…

どっちに出るか はり続けるまでの事よ!
dotchi ni deru ka hari tsudzukeru made no koto yo!

緋村
hi-mura

ここで 起きた事は おおむね調べた すまん
koko de okita koto wa oomune shirabeta suman

桂さん…
katsura-san…

内通者は始末した
naitsuu-sha wa shimatsu shita

腕の立つ者を一人見つけてな
ude no tatsu mono o hitori mitsuketena

うわー!
uwa ̄ !

うおっ
u o~tsu

ちっ! 正月早々ついてねえ… うっ
chi~tsu! shoogatsu soosoo tsuitenee… u~tsu

暗殺稼業は 今後 彼に任せる事に決まった
ansatsu kagyoo wa kongo kare ni makaseru koto ni kimatta

だが お前には益々剣を振るってもらわねばならない
daga omaeni wa masumasu ken o furu tte morawaneba naranai

京は酷い有り様だ
kyoo wa hidoi ariyooda

新撰組を筆頭に 幕府は志士狩りを強化している
shinsenkumi o hittoo ni bakufu wa shishi kari o kyooka shi te iru

誰かが剣を以て 抗さねば 全滅は必至
darekaga ken o motte koo-saneba zenmetsu wa hisshi

そうですか…
-soodesu ka…

緋村
hi-mura

はい
wa i

かつて 巴さんに 頼んだ事がある
katsute tomoe-san ni tanonda koto ga aru

お前という"抜き身"を納める"鞘"になってくれと
omae to iu "nuki mi" o osameru "saya" ni natte kure to

鞘?
saya?

そうだ 彼女は今でも お前の鞘であり続けている
-sooda kanojo wa ima demo omae no sayadeari tsudzukete iru

俺はそう信じたい
ore wa soo shinjitai

―桂さん ―ん?
― katsura-san ― n?

今 俺にできるのは 剣を振るい続ける事だけ…
ima ore ni dekiru no wa ken o furui tsudzukeru koto dake…

巴もそれを望んでいたから 俺を守ってくれたんだと思っています
tomoe mo sore o nozonde itakara ore o mamotte kureta nda to omotte imasu

そうか
soo ka

けれど "新時代"が来たら…
keredo "shin jidai" ga kitara…

刀を捨てるか
-gatana o suteru ka

分かりません ただ その時は―
wakarimasen tada sonotoki wa ―

もう二度と 人は殺めない もう二度と…
moonidoto hito wa ayamenai moonidoto…

晋作 お前の言った通りになってしまった 俺の誤り
shinsaku omae no itta toori ni natte shimatta ore no ayamari

飛天の剣は 旧時代を壊す為でなく 新時代を守る為に使うべきだった
hiten no ken wa kyuu jidai o kowasu tamedenaku shin jidai o mamoru tame ni tsukaubekidatta

すまない 緋村
sumanai hi-mura

巴… じゃあ 行って来るよ
tomoe… jaa itte kuru yo

いたぞ! こっちだ
ita zo! kotchida

追え!
oe!

一人も逃がすな
hitori mo nigasu na

早くしろ!
hayakushiro!

何だ?
nanda?

―退け ―何!
― doke ― nani!

―何だと? ―貴様
― nanidato? ― kisama

退けば 命は助ける
dokeba inochi wa tasukeru

退かねば…
dokaneba…

―赤い髪に… ―左頬の十字傷
― akai kami ni… ― hidarihoho no juuji kizu

あなたが"人斬り"
anata ga "hitokiri"

組長
kumichoo

ふんっ!
fun ~tsu!

う…はうっ
u… wa u~tsu

う…げほっ
u…-ge ho~tsu

はあ…
wa a…

沖田君 さがっていたまえ
okita-kun sagatte ita ma e

斎藤さん
saitoo-san

俺は血の臭いに敏感でね
ore wa chinonioi ni binkande ne

それに 今の君の身体では 奴を仕留められない
soreni ima no kimi no karadade wa yatsu o shitome rarenai

行くぞ!
iku zo!

坊主 名は?
boozu-mei wa?

心太
tokoroten

優し過ぎで 剣客にはそぐわないな
yasashi sugi de kenkaku ni wa soguwanai na

お前は今から"剣心"と名乗れ
omae wa ima kara "ken kokoro" to nanore

剣…心
ken… kokoro


tsui

 

 

 

***

 

 

 

← Anterior (OVA 3 「宵里山」) | Lista de películas

 

 

 

 

Creative Commons License
Esta obra está bajo una licencia de Creative Commons.
Copyright © 2007-2013 Helena Rivero
Si te apetece puedes avisarme cuando encuentres algún error en la página.